朝日新聞(神奈川版)にてハラールレシピジャパンの取り組みが掲載されました


DSC_4574
文教大学健康栄養学部笠岡ゼミ生の皆様と (2列目中央が弊社稗田、1列目中央が笠岡教授)

 

2015年12月8日付の朝日新聞・神奈川版(朝刊29面)にて、弊社サービス「HALAL RECIPES JAPAN」の取り組みが紹介されました。

■朝日新聞デジタル 「神奈川)ハラールレシピ、40種を考案 文教大の学生ら」
http://www.asahi.com/articles/ASHD25SMTHD2ULOB036.html

 

取材のあった12月3日、ちょうど私もゼミ生の皆さんにサイト完成の報告とお礼に伺っていました。

サイトリリースまで約1か月と時間がない中、レシピの考案・試作・写真撮影までを素晴らしいスピードで対応してくださった笠岡教授とゼミの皆様には、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

 

笠岡ゼミ生の皆さんは、国家資格である管理栄養士の卵です。卒業後は、学校給食や病院食、食品メーカーなど食の現場で働く方が多くいます。

一方で、先日幕張メッセで開催された「JAPAN HALAL EXPO 2015」では、小学生のお子様を持つ外国人ムスリム女性たちから、「学校給食に豚肉が出ることが多いため、お弁当を作って持たせていて大変」といった切実な声が聞かれました。

 

私は、管理栄養士を目指す若者にハラールレシピを考案する機会を提供することは、将来ムスリム対応が可能な人材を育成する点で、非常に意義のある取り組みだと考えています。

今後彼女・彼らが就職し、食の現場でムスリム対応に直面した際、必ずこの経験を活かして、多くの困っているムスリムの力になってくれることと信じています。

 

今後もレシピ開発事業を通じ、単にハラールフードについての理解を広めるだけでなく、社会に貢献できる人材育成にも取り組んでまいる所存です。

今後ともご支援賜りますようお願い申し上げます。ありがとうございました。

DSC_4584
サイトリリース報告の様子
DSC_4585
約40人のゼミ生が協力
DSC_4655
取材の様子(左は稗田、右は笠岡教授)

 

 

Facebook Comments